• Youtube動画

    Youtube動画

    28人参加

    Youtube動画

  • 『斗羅大陸』第01話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    『斗羅大陸』第01話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    1人参加

    「音楽は国を問わない」という言葉がある。私はてっきりアニメの世界にも通用だと思う。実際は、中国のアニメ好きが日本の面白いアニメをいっぱい知っている。そして、歓迎もする。これは一種の国を超える表現だと思う。自分も嫌いな人はあるが、国籍の原因で誰かを嫌いに成るような感情は今まで一度もない。

    このアニメを紹介した理由。
    大事な原因の一つは、今の異世界アニメは大体下記の様な物ばっかり
    「主人公は何の取り柄もない、何の努力もしない、夢と理想もない、でも異世界にきたら即チート無双ハーレムになる。
    可愛い女の子でしかパーティメンバーに入れず、男女バランスがとっても酷い、主人公は毎日可愛い女の子とチヤホヤだけ」
    上記の事はとっても嫌いです(特にハーレムを指す)。だがなぜかそういう作品の人気はとっても高い。そして、人気が有るから、同じような物がどんどん出てくる。

    Googleに「ハーレムではない 小説」検索したら下記の様な原因は見つけた:
    http://iitokoronet.com/2016/01/31/post-7166/
    http://iitokoronet.com/2015/09/04/post-489/
    https://ncode.syosetu.com/n4082cn/

    全く同じ気持ちでとっても感心した、そして文章が言ってた現実に対して疑問がある、それは:
    本当にそんなに多い人が「チート無双ハーレム」ジャンルが好きですか?ただそういうものばっかりあるから読者と観衆に選択肢がないじゃないですか?

    実は、中国にも「チート無双ハーレム」という作品はいっぱいある。反対に、まともな価値観を持つ作品の方が少ない方。質の悪い作品も大ヒットになり、悪循環の傾向がある。

    この作品に情熱がある。そして、この数少ないまともな作者に対する敬意もある(日本なら『転生スライムの件』の作者とオーバーロードの作者等々に、男女のバランスがいい)。この様な作品は世界中にヒットしたら、たとえ少なくでも社会の悪い風の方向を変えるならいいなあっと。外国にこれの英語バージョンもある、欧米の人からもなかなかいい評価を得る。でも日本のアニメ好きの皆さんにはこういう機会がない。だから自分が未熟者だと分っても、抛セン引玉とういう狙いも有りながら、この作品を訳した。まあ、「これは余計なお世話だ」のはわかっている、見る或は見ないでも選択権は皆さんの方にある。

    結果は自分の一方的の甘い考えですが、ひまわりで酷い事も言わされてですが。それでも、数人のチャンネル登録者の為に、私は訳を続けます(ひまわりに転載しないだけ)。そして、もしこれからもっと多くの人に見られて、好きになったらいいなって願っている。

    訳者Joshuaより

  • 『斗羅大陸』第02話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    『斗羅大陸』第02話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    1人参加

    「音楽は国を問わない」という言葉がある。私はてっきりアニメの世界にも通用だと思う。実際は、中国のアニメ好きが日本の面白いアニメをいっぱい知っている。そして、歓迎もする。これは一種の国を超える表現だと思う。自分も嫌いな人はあるが、国籍の原因で誰かを嫌いに成るような感情は今まで一度もない。

    このアニメを紹介した理由。
    大事な原因の一つは、今の異世界アニメは大体下記の様な物ばっかり
    「主人公は何の取り柄もない、何の努力もしない、夢と理想もない、でも異世界にきたら即チート無双ハーレムになる。
    可愛い女の子でしかパーティメンバーに入れず、男女バランスがとっても酷い、主人公は毎日可愛い女の子とチヤホヤだけ」
    上記の事はとっても嫌いです(特にハーレムを指す)。だがなぜかそういう作品の人気はとっても高い。そして、人気が有るから、同じような物がどんどん出てくる。

    Googleに「ハーレムではない 小説」検索したら下記の様な原因は見つけた:
    http://iitokoronet.com/2016/01/31/post-7166/
    http://iitokoronet.com/2015/09/04/post-489/
    https://ncode.syosetu.com/n4082cn/

    全く同じ気持ちでとっても感心した、そして文章が言ってた現実に対して疑問がある、それは:
    本当にそんなに多い人が「チート無双ハーレム」ジャンルが好きですか?ただそういうものばっかりあるから読者と観衆に選択肢がないじゃないですか?

    実は、中国にも「チート無双ハーレム」という作品はいっぱいある。反対に、まともな価値観を持つ作品の方が少ない方。質の悪い作品も大ヒットになり、悪循環の傾向がある。

    この作品に情熱がある。そして、この数少ないまともな作者に対する敬意もある(日本なら『転生スライムの件』の作者とオーバーロードの作者等々に、男女のバランスがいい)。この様な作品は世界中にヒットしたら、たとえ少なくでも社会の悪い風の方向を変えるならいいなあっと。外国にこれの英語バージョンもある、欧米の人からもなかなかいい評価を得る。でも日本のアニメ好きの皆さんにはこういう機会がない。だから自分が未熟者だと分っても、抛セン引玉とういう狙いも有りながら、この作品を訳した。まあ、「これは余計なお世話だ」のはわかっている、見る或は見ないでも選択権は皆さんの方にある。

    結果は自分の一方的の甘い考えですが、ひまわりで酷い事も言わされてですが。それでも、数人のチャンネル登録者の為に、私は訳を続けます(ひまわりに転載しないだけ)。そして、もしこれからもっと多くの人に見られて、好きになったらいいなって願っている。

    訳者Joshuaより

  • 『斗羅大陸』第03話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    『斗羅大陸』第03話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    1人参加

    「音楽は国を問わない」という言葉がある。私はてっきりアニメの世界にも通用だと思う。実際は、中国のアニメ好きが日本の面白いアニメをいっぱい知っている。そして、歓迎もする。これは一種の国を超える表現だと思う。自分も嫌いな人はあるが、国籍の原因で誰かを嫌いに成るような感情は今まで一度もない。

    このアニメを紹介した理由。
    大事な原因の一つは、今の異世界アニメは大体下記の様な物ばっかり
    「主人公は何の取り柄もない、何の努力もしない、夢と理想もない、でも異世界にきたら即チート無双ハーレムになる。
    可愛い女の子でしかパーティメンバーに入れず、男女バランスがとっても酷い、主人公は毎日可愛い女の子とチヤホヤだけ」
    上記の事はとっても嫌いです(特にハーレムを指す)。だがなぜかそういう作品の人気はとっても高い。そして、人気が有るから、同じような物がどんどん出てくる。

    Googleに「ハーレムではない 小説」検索したら下記の様な原因は見つけた:
    http://iitokoronet.com/2016/01/31/post-7166/
    http://iitokoronet.com/2015/09/04/post-489/
    https://ncode.syosetu.com/n4082cn/

    全く同じ気持ちでとっても感心した、そして文章が言ってた現実に対して疑問がある、それは:
    本当にそんなに多い人が「チート無双ハーレム」ジャンルが好きですか?ただそういうものばっかりあるから読者と観衆に選択肢がないじゃないですか?

    実は、中国にも「チート無双ハーレム」という作品はいっぱいある。反対に、まともな価値観を持つ作品の方が少ない方。質の悪い作品も大ヒットになり、悪循環の傾向がある。

    この作品に情熱がある。そして、この数少ないまともな作者に対する敬意もある(日本なら『転生スライムの件』の作者とオーバーロードの作者等々に、男女のバランスがいい)。この様な作品は世界中にヒットしたら、たとえ少なくでも社会の悪い風の方向を変えるならいいなあっと。外国にこれの英語バージョンもある、欧米の人からもなかなかいい評価を得る。でも日本のアニメ好きの皆さんにはこういう機会がない。だから自分が未熟者だと分っても、抛セン引玉とういう狙いも有りながら、この作品を訳した。まあ、「これは余計なお世話だ」のはわかっている、見る或は見ないでも選択権は皆さんの方にある。

    結果は自分の一方的の甘い考えですが、ひまわりで酷い事も言わされてですが。それでも、数人のチャンネル登録者の為に、私は訳を続けます(ひまわりに転載しないだけ)。そして、もしこれからもっと多くの人に見られて、好きになったらいいなって願っている。

    訳者Joshuaより

  • 『斗羅大陸』第04話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    『斗羅大陸』第04話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    1人参加

    「音楽は国を問わない」という言葉がある。私はてっきりアニメの世界にも通用だと思う。実際は、中国のアニメ好きが日本の面白いアニメをいっぱい知っている。そして、歓迎もする。これは一種の国を超える表現だと思う。自分も嫌いな人はあるが、国籍の原因で誰かを嫌いに成るような感情は今まで一度もない。

    このアニメを紹介した理由。
    大事な原因の一つは、今の異世界アニメは大体下記の様な物ばっかり
    「主人公は何の取り柄もない、何の努力もしない、夢と理想もない、でも異世界にきたら即チート無双ハーレムになる。
    可愛い女の子でしかパーティメンバーに入れず、男女バランスがとっても酷い、主人公は毎日可愛い女の子とチヤホヤだけ」
    上記の事はとっても嫌いです(特にハーレムを指す)。だがなぜかそういう作品の人気はとっても高い。そして、人気が有るから、同じような物がどんどん出てくる。

    Googleに「ハーレムではない 小説」検索したら下記の様な原因は見つけた:
    http://iitokoronet.com/2016/01/31/post-7166/
    http://iitokoronet.com/2015/09/04/post-489/
    https://ncode.syosetu.com/n4082cn/

    全く同じ気持ちでとっても感心した、そして文章が言ってた現実に対して疑問がある、それは:
    本当にそんなに多い人が「チート無双ハーレム」ジャンルが好きですか?ただそういうものばっかりあるから読者と観衆に選択肢がないじゃないですか?

    実は、中国にも「チート無双ハーレム」という作品はいっぱいある。反対に、まともな価値観を持つ作品の方が少ない方。質の悪い作品も大ヒットになり、悪循環の傾向がある。

    この作品に情熱がある。そして、この数少ないまともな作者に対する敬意もある(日本なら『転生スライムの件』の作者とオーバーロードの作者等々に、男女のバランスがいい)。この様な作品は世界中にヒットしたら、たとえ少なくでも社会の悪い風の方向を変えるならいいなあっと。外国にこれの英語バージョンもある、欧米の人からもなかなかいい評価を得る。でも日本のアニメ好きの皆さんにはこういう機会がない。だから自分が未熟者だと分っても、抛セン引玉とういう狙いも有りながら、この作品を訳した。まあ、「これは余計なお世話だ」のはわかっている、見る或は見ないでも選択権は皆さんの方にある。

    結果は自分の一方的の甘い考えですが、ひまわりで酷い事も言わされてですが。それでも、数人のチャンネル登録者の為に、私は訳を続けます(ひまわりに転載しないだけ)。そして、もしこれからもっと多くの人に見られて、好きになったらいいなって願っている。

    訳者Joshuaより

  • 『斗羅大陸』第05話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    『斗羅大陸』第05話 中国の転生アニメを日本語に訳した

    1人参加

    「音楽は国を問わない」という言葉がある。私はてっきりアニメの世界にも通用だと思う。実際は、中国のアニメ好きが日本の面白いアニメをいっぱい知っている。そして、歓迎もする。これは一種の国を超える表現だと思う。自分も嫌いな人はあるが、国籍の原因で誰かを嫌いに成るような感情は今まで一度もない。

    このアニメを紹介した理由。
    大事な原因の一つは、今の異世界アニメは大体下記の様な物ばっかり
    「主人公は何の取り柄もない、何の努力もしない、夢と理想もない、でも異世界にきたら即チート無双ハーレムになる。
    可愛い女の子でしかパーティメンバーに入れず、男女バランスがとっても酷い、主人公は毎日可愛い女の子とチヤホヤだけ」
    上記の事はとっても嫌いです(特にハーレムを指す)。だがなぜかそういう作品の人気はとっても高い。そして、人気が有るから、同じような物がどんどん出てくる。

    Googleに「ハーレムではない 小説」検索したら下記の様な原因は見つけた:
    http://iitokoronet.com/2016/01/31/post-7166/
    http://iitokoronet.com/2015/09/04/post-489/
    https://ncode.syosetu.com/n4082cn/

    全く同じ気持ちでとっても感心した、そして文章が言ってた現実に対して疑問がある、それは:
    本当にそんなに多い人が「チート無双ハーレム」ジャンルが好きですか?ただそういうものばっかりあるから読者と観衆に選択肢がないじゃないですか?

    実は、中国にも「チート無双ハーレム」という作品はいっぱいある。反対に、まともな価値観を持つ作品の方が少ない方。質の悪い作品も大ヒットになり、悪循環の傾向がある。

    この作品に情熱がある。そして、この数少ないまともな作者に対する敬意もある(日本なら『転生スライムの件』の作者とオーバーロードの作者等々に、男女のバランスがいい)。この様な作品は世界中にヒットしたら、たとえ少なくでも社会の悪い風の方向を変えるならいいなあっと。外国にこれの英語バージョンもある、欧米の人からもなかなかいい評価を得る。でも日本のアニメ好きの皆さんにはこういう機会がない。だから自分が未熟者だと分っても、抛セン引玉とういう狙いも有りながら、この作品を訳した。まあ、「これは余計なお世話だ」のはわかっている、見る或は見ないでも選択権は皆さんの方にある。

    結果は自分の一方的の甘い考えですが、ひまわりで酷い事も言わされてですが。それでも、数人のチャンネル登録者の為に、私は訳を続けます(ひまわりに転載しないだけ)。そして、もしこれからもっと多くの人に見られて、好きになったらいいなって願っている。

    訳者Joshuaより

2012
Processed in 0.002489 second(s)